高校1年生の体験授業をしています。

No.454
2017年9月20日(水)
山口市矢原にある塾、学習塾alucoの松尾です。

先日、今年の公立高校合格発表の日に……
『高校では、部活動を全力でやるんで、引退したら…また、お願いします!』

…って言っていた子の、体験授業を行いました(笑)
帰ってくるの、早すぎるだろ!って。

正直、ここだけの話(…ってブログに書いていたら、アレなんですが!)春の時点では、戻ってくる子たちに関しては、全てお断りしようと思っていたんですよね。どんな学習内容でも、くり返しが必要と思っています。

本気で部活動をしながら、高校の学習内容で遅れが出始めたら…いつ勉強するの?なんです。小学生の頃にあれだけ計算ドリルをくり返してやる中で、そのルールを身につけていたのに…

さらに難しくなった内容に対して、どうやって『自分で』出来るようになるのでしょうか?

よく『分かりやすく指導・説明してもらえれば…』と言われる事もありますが、個人的には「苦労した方がいいな!」と思っています。面倒くさいことを経験した(本当に面倒くさい!って実感する)方が、その後の指導でこちらの言っていることが定着しやすい気がします。

はじめから、裏技(円錐の側面積とか、y=ax^2の変化の割合とか…)を…なんて言っていては、定着しないですね!

そんな方法よりも、『展開図にしたときのおうぎ形の弧の長さと、底面の円周が等しい』とか、『(変化の割合)=(yの増加量)/(xの増加量)』といった事の方が大切と思っています。

まぁ、いろいろと思うところもありますが、保護者の方と話をさせていただいたり…生徒本人と話をしていると、どうにか問題解決してあげたいと思ってしまいます。

自分の首をしめることになるのでしょうが…(笑)

来週の体験授業(2回目)に向けて、いろいろと準備を進めていきますよー!

※正直なところ、授業をしていて楽しいのが一番嬉しいことですね!

0 件のコメント :

コメントを投稿